トップページ

    このサイトではリーフの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「電気自動車のリーフの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    日産のリーフを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くの日産ディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、リーフ(LEAF)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社までリーフの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    勿論、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからリーフの買取相場がいくらなのか調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているリーフの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちのリーフでも高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    リーフの車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「今乗っているリーフの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのリーフでも高価買取が可能になります。

    最大で10社が日産リーフの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのリーフを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社が電気自動車のリーフを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したリーフを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    日産リーフの査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた電気自動車のリーフを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは結構うれしいですね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で約10社があなたのリーフの査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格が複数提示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    査定の専門家にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、嘘をついたことが原因でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが考慮されますから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車を専門とする買取業者に買取をお願いする事ができますので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    売却予定の車を査定する基準というのは、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、最初に断っておくべきです。

    これらの査定基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、見積金額を算出します。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、マイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、見落としやすいからこそいつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    お天気次第でこちらが絶対有利なんてものはないですし、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも低い買取り価格になるようです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も全般に下がり気味になります。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を購入する際にも必要になってくるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっとそのままの値段で取り引きしてくれるのとは違います。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに即決できないときはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか充分に注意しておくようにしましょう。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    全部というわけではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、わからないときには確定申告をするときに申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。